正中線?妊娠線?何が違うの?

妊娠中におなかの真ん中になんだか茶色い線がすーっとできてしまった。これなに?って思ったことありませんか?それが正中線。妊娠線とは違うものなのですよ。

☆正中線とは?

妊娠中、おなかがでてくると、おへその上下に茶色っぽい線がでてくることがあります。
これが正中線と呼ばれるものなのですが、細胞分裂の名残ともいえるものなのです。

胎児のころに細胞分裂した名残として鼻の下の筋やあごの割れ目などがあげられますが、正中線もその一つになります。

誰にでもあるもので、女性だけでなく男性にもあるものなのですが、女性が妊娠してホルモンバランスが崩れるとメラニン色素が沈着してこの正中線が目立ってしまうということがあるんです。

なので、突然できた線のように見えますが、実はもともとあったものと思えば、異常があるわけじゃないので、安心ですよね。

☆妊娠線とは?

妊娠線というのは、妊娠によっておなかが急にでてくるので、それに伴う皮膚の組織の裂け目みたいなものです。
これは、出産後、消えてなくなるかといえば、そう簡単にはいかず、跡が薄くなっても完全には消えないのです。

これも気になるものですよね。妊娠線を予防するために早いうちからケア用クリームなどを塗るというのもよいですよ。保湿が大切だと言われますからね。

☆正中線は消えるのか?

妊娠線はなかなか消えないのですが、正中線は産後半年から1年くらいで自然に消えていくんです。

もともとホルモンバランスの影響でメラニン色素が沈着して目立つようになる正中線なので、産後、ホルモンバランスが整ってくると、正中線も気にならないくらいに消えるか目立たなくなります。

早く消したいと思ったら、お肌のターンオーバーを促進するように、十分な睡眠やバランスのとれた食事などをおススメします。
また妊娠線ケア用のクリームなどで保湿するというのも良いですね。

正中線が目立ってくると最初はちょっとびっくりするかもしれませんね。そしてどうしようって不安になるかもしれません。
正中線は異常ではないこと。そして産後には自然に消えてしまうということなので、気にしないのが一番です。
ストレスをためてしまうとかえって、消えるのが遅れてしまうこともありますからね。続きはこちら>>>>>導リメイクアップブラ 効果

正中線?妊娠線?何が違うの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です