ハイレベルな戦いがまた見られるとは

先日行われた世界フィギュア選手権はハイレベルな戦いで終了しました。ですが、まだシーズンは終わっていません。4月20日から国別対抗戦が東京で行われます。世界ランキング上位6か国で争う大会で日本は4度出場しています。オリンピックでもソチオリンピックから団体戦が行われるようになりましたが、その延長線上にあるものと位置づけらます。日本からは男女シングルは羽生選手、宇野選手、三原選手、樋口選手と世界選手権に出場した4人が再度出場します。他、アイスダンスやペアの選手も出場します。
海外の選手もエントリーが続々と決まっているようで、世界選手権に出場した選手の名前が発表されています。例えば、女子シングルで優勝したロシアのメドベージェワ選手やアメリカ代表のネイサン・チェンとジェイソン・ブラウン選手、カナダからはパトリック・チャン選手や女子3位のデールマン選手などトップクラスの選手が出場すると聞きとてもワクワクしています。
個人戦と違って団体戦では選手たちの表情も違いますし、応援する時もすごく盛り上がっていて見ていて楽しいのです。上手くいかなかった選手もチームのところに戻ると明るい表情に戻る選手も多いのが団体戦のいいところ。テレビ中継されると思いますので、テレビの前で楽しみたいと思っています。こちらもどうぞ>>>>>アイアクト 効果

ハイレベルな戦いがまた見られるとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です